レモン・アルコールを入れる理由

レモン・アルコールを入れる理由

レモンの主成分であるクエン酸(ミカン類に含まれる酸味の主成分)で一児乳の尚分子たんぱく質を凝集させて除去し、サラサラのローションにして有効成分のみを使川するためです。

 

たんぱく質を除去するので、アレルギー体質のかたも安心して使える利点があります勺また、ビタミンCによる美肌効果を符るためです。

 

ビタミンCは、山浪曲川のタlンオーバー(新陳代謝)を促進させるビタミンです。
豆乳の有効成分であるイソフラボン、サボニン、レシチン、油脂などを、皮目的へ浸透させるためです。

 

アルコールを入れないと、肌がベタベタとして使い心地が忠く、またローションの効果が半減します。

レモン・アルコールを入れる理由 関連ページ

豆乳ローションの使い方
ムダ毛が気になる部分に、豆乳ローションをたっぷり塗り込みます。   塗るときの肌は、清潔な状態にして […]

トラックバックURL

http://mtcfilehost.net/use/14.html/trackback

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です